革靴のせいではない!?足の臭いに潜む病気とは

革靴のせいではない!?足の臭いに潜む病気とは

足の臭いの原因として、ただ単に革靴を履いて足が蒸れてしまったことによって臭っていると考えている人も少なくないと思います。しかし、足の臭いには何かが原因で身体からの重要なSOSを発して起こっていることもあります。単純に足が蒸れてしまったから臭うのではなく、もしかすると病気が潜んでいる可能性もあるのです。

 

足の臭いが原因で考えられる病気

多汗症

本来汗をかくという行為は体温調節のためですが、周りの気温に関わらずやたら足の裏だけ汗をかいてしまう人は多汗症を疑った方がいいかもしれません。特徴として、体温が上がった時や緊張状態になった時など、特定の部位にのみに過剰なほど汗をかいてしまうことが特徴として挙げられます。

 

足蹠多汗症と呼ばれる症状で、交感神経の失調が原因とされています。皮膚科に通うことによって症状を改善することが可能です。また、皮膚科で処方されるような足専用の制汗剤で予防するのも効果的です。

 

水虫

水虫の原因である白癬菌は、実際臭いを発することはありませんが、水虫の人は足の臭いがキツイ場合がほどんとです。なぜなら、臭いの原因である皮膚常在菌は、水虫が発生する高温・多湿な環境が大好きだからです。

 

足の臭いだけであれば、常に清潔な状態を保ち、蒸れないようにするだけである程度は抑えられますが、かゆみ、皮向け、水ぶくれなどの症状が見られる場合には、速やかな治療が必要です。

 

内臓疾患・糖尿病

足の臭いだけでなく、口臭や体臭も同時に併発している場合は、内臓疾患や糖尿病を疑った方がいいかもしれません。体の免疫力が低下した内臓疾患や糖尿病患者は、臭いの原因である皮膚常在菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

 

足の臭いは単なる蒸れのせいであると決めつけるのではなく、こういったことも考えられるということは覚えておくといいでしょう。

 

革靴を脱いでも足が臭わない!自宅でできる消臭改善法