靴が蒸れるとなぜ臭う!?足の臭いの原因とは

靴が蒸れるとなぜ臭う!?足の臭いの原因とは

足の裏には「エクリン腺」という汗腺が集中しており、1日あたり平均コップ1杯(200cc)もの汗を掻く部位と言われています。この「汗を掻く」ことにより足から強烈な臭いを放たれるのですが、実は「エクリン腺」から分泌される汗、つまり足汗自体には臭いがありません。

足汗×雑菌=足の臭い

革靴で蒸れた足の臭い

本来、「エクリン腺」から分泌される汗は、「アポクリン腺」から分泌される脇汗などとは異なり無臭の性質を持っています。足汗の99%が水分、残り1%は塩分でできており、アンモニア、中性脂肪といった臭いのもととなる成分が含まれていないため足汗単体で臭うことはほとんどありません。

 

しかし、掻いた汗によって靴や靴下、足が蒸れはじめ靴内に白癬菌やバクテリアなどの雑菌が増え、やがて足汗と雑菌が混ざることで悪臭を放つようになるのです。

 

特に革靴やパンプス、ローファーやブーツは靴の中でも通気性が悪く蒸れやすいです。しかし、1回靴を履いて外へ出た以上、頻繁に靴を脱いで蒸れを防ぐというのも難しいと思います。では、飲み会やデートで、靴を脱いでも足が臭わないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。自宅でできる足汗・足臭改善法について詳しく紹介していきます。